求人情報

  アース・キッズ株式会社

企業情報

企業名 アース・キッズ株式会社
社名由来 スタジオを訪れた子どもたちが、思いきり体を動かし、遊び、汗をかき、集中し、笑い、晴れ晴れとした空のような気持ちになって帰っていける、それが「スタジオそら」のコンセプトであり、社名の由来にもなっています。
業種 商社・流通・小売・サービス/福祉・介護
事業内容/構成比 【児童福祉法に基づく児童発達支援、放課後等デイサービス】
厚生労働省のガイドラインに沿い、豊富な療育システムを考案・推進。粗大・微細運動を中心とした発達療育の他、日常生活訓練・創作活動などを提供する場として「スタジオそら」を運営しています。
会社特徴 「スタジオそら」は発達に障害のある子どもたちが自分のペースで楽しめて学べる場所です。
スタジオ内で運動や学習をしたり外へ遊びに行ったりと、プログラムは多種多様。一人ひとりの課題に合わせ療育スタッフがオーダーメイドで支援をします。

◆スタジオそら(児童発達支援・放課後等デイサービス事業)
「スタジオそら」は、発達に支援の必要がある児童を対象とした、児童福祉法に基づく通所支援事業です。
児童発達支援、放課後等デイサービスの2事業を合計13拠点で24事業所(2020年7月現在)運営しています。名称は、子どもたちが晴れた大空の太陽のような気持ちで育って欲しい…、そんな願いをこめて名付けました。
子どもたちの発達を支援する3つの柱として、スタジオ療育(屋内活動)、あおぞら療育?(自然体験活動)、イベントを通じた活動を行っています。1対1の個別支援を基本とし、子どもが楽しみながら課題にチャレンジできる発達支援療育を提供しています。

◆そら通信(メディア事業)
発達に支援を必要としている子どもの保護者や関係者の方々に対して、安心・信頼できる情報を提供することを目的として「そら通信」を運営しています。
スタジオそらの各スタジオからの情報提供やイベントのご紹介に留まらず、発達障害に関する基本的な知識、療育(発達を支援するアプローチの総称)に関する情報、そしてさまざまなアプローチで啓発や支援を行っている個人・団体・企業などの活動についても独自に取材を行い、記事として発信を行っています。

◆発達障害療育研究所?(発達障害と療育に関する研究開発事業)
発達障害や療育に関する情報収集や分析、専門家や関係機関との事例・情報共有を行い、より良い支援と人材育成を目的として設立された機関です。
日々、「スタジオそら」の現場で子どもたちと接する発達支援療育士?たちの生の声から得られる、 さまざまなフィードバックを活かして、新たな価値の創出を目指しています。
本社所在地/事業所 東京都渋谷区千駄ヶ谷3?51?6 原宿MOA 2F
URL https://earth-kids.com
設立年月 平成12年1月28日
決算期/株式情報 非上場
財務情報(資本金・売上高・経営状態等) 資本金 8000万円
従業員数 105名
代表者名/略歴 代表CEO 高見裕一
1956年神戸市生まれ。
中学卒業後、ヒッチハイクの旅で九州を訪れ、水俣と出会い、環境問題に強く関心を持つ。
大学在学中に「関西リサイクル運動市民の会」を設立、全国規模の活動に発展させ、「日本リサイクル運動市民の会」を旗揚げし、日本初のフリーマーケットを開催。
1987年有機野菜の宅配事業「らでぃっしゅぼーや」を設立し、国内最大級のオーガニック流通システムに育て上げる。
1993年衆議院議員に立候補して当選、環境問題やNPO係る議員立法に奔走。
退任後はモンゴル国立文人大学の理事長や日本ユネスコ協会連盟の理事に就任。
2014年アース・キッズ株式会社の経営に参画
2015年同法人代表を務める
役員情報 取締役 片倉裕司
沿革 2012年04月児童福祉法改正
2012年07月渋谷区代々木にて障害児通所支援事業開始初台スタジオ開設(2016年1月閉鎖)
2014年06月世田谷区羽根木にて羽根木スタジオ開設
(2017年01月世田谷区東北沢に移転現:北沢スタジオ)
2014年08月渋谷区富ヶ谷にて代々木公園スタジオ開設
(2018年06月渋谷区幡ヶ谷に移転現:幡ヶ谷スタジオ)
2015年03月世田谷区喜多見にて喜多見スタジオ開設
2015年05月目黒区鷹番にて学芸大学スタジオ開設
2015年09月中野区東中野にて東中野スタジオ開設
渋谷区千駄ヶ谷にて原宿スタジオ開設
2015年11月世田谷区用賀に用賀スタジオ開設
2016年03月武蔵野市中町にて武蔵野スタジオ開設
2016年04月会社名を【アース・キッズ(株)】に変更
事業所名を【スタジオそら】に変更
2016年10月横浜市港北区にて綱島スタジオ開設
2017年06月品川区東中延にて品川戸越スタジオ開設
2018年02月川崎市宮前区にて鷺沼スタジオ開設
2019年02月大田区北千束にて大岡山スタジオ開設
2020年07月大田区池上にて池上スタジオ(児発・放デイ)開設
2020年7月1日現在13拠点(24事業所)従業員105名会員数900名
関連会社情報
その他(競合・ポジション等) ・平均年齢は30歳・男女比は6:4で女性が多くなっております。
・施設長1名に対して7名程の支援員が在籍しています。
・お子さまの変化や成長を日々共有していますが、休憩時間でも子どもたちの話題が出るくらい、みんな子どもたちへの愛が溢れています!
・受動喫煙体制:敷地内全面禁煙

「どうしたらできるのか」に着目し、子どもたちの自己肯定感を上げる療育支援を行っています!会員数900名超!「全ての子どもたちが公平であり、可能性にチャレンジできる」ソーシャルビジネスを展開する企業です!

募集要項

募集職種 子どもたちの自己肯定感を上げる療育支援の児童発達支援管理責任者
雇用形態 正社員
勤務地(最寄駅) 下記いずれかの施設 (オープニング施設) ・東京、横浜、川崎の新規開設スタジオ ・スタジオそら鷺沼  :神奈川県川崎市宮前区土橋3丁目2?10 ・スタジオそら喜多見 :東京都世田谷区喜多見8-15-25 ・スタジオそら学芸大学:東京都目黒区鷹番2-17-11 ・スタジオそら東中野 :東京都中野区東中野4-27-33 ・スタジオそら原宿  :東京都渋谷区千駄ヶ谷3-51-6 ・スタジオそら用賀  :東京都世田谷区用賀二丁目36番17号 ・スタジオそら武蔵野 :武蔵野市中町1丁目 23-12 ・スタジオそら綱島  :神奈川県横浜市港北区綱島西2-13-9
採用人数 3人
募集背景 待機者多数により、事業拡大のニーズがあるため
仕事内容詳細 ・発達に障害がある児童への日常生活・社会における基本動作の支援・療育
・児童のアセスメントおよび個別支援計画の作成・管理
・保護者からの相談対応
・学校・行政等の関係機関との連絡・調整業務
・発達支援療育士のサービスの質の管理等

【1日のスケジュール】
09:30 出勤、メール確認、打ち合わせ
10:00 保護者面談、事務作業等
12:00 休憩
13:00 打合せ
14:00 個別支援計画の作成
16:00 保護者面談
17:00 事務作業
18:00 掃除、終礼、記録の確認
19:00 退勤
仕事のやりがい ・外部顧問として発達障害療育研究所桜美林大学大学院の小関俊祐准教授をを迎えており、発達障害について学びを深めることができます。 ▼こんなときにやりがいを感じます! ・子どもたちの身体や心の成長を感じた時 ・発語のなかったお子さまが自分の名前を呼んでくれた時 ・作成した教材や選んだ教材をつかって、子どもたちのできることが増えた時 ・保護者の方がそら以外のところでもできることが増えたと報告してくださった
必須業務経験・資格・スキル ・福祉・保育・介護・医療業界または学校教育(小学校~高校、特別支援校)で実務経験が5年以上でうち児童・障害領域の経験が3年以上ある方
かつ
・社会福祉主事任用資格、児童指導員任用資格、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、教員免許、保育士、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、臨床心理士などの資格・免許がある方
歓迎する経験・資格・スキル 保育園や学童など子どもと接するお仕事の経験がある方
学歴 学歴不問
求める人物像(期待役割/キャリアパス) ・体力のある方(「遊び」を通じた療育支援が多いことから、50分間外で子供たちと走れる体力が求められます)
・子どもたちの成長に対して真剣に向き合いたい方
初年度想定年収 312~456万円
年収モデル 330万円/入社2年目 療育スタッフ(月給25万円(一律手当含))
480万円/入社4年目 児童発達支援管理責任者(月給37万円(一律手当含))
年収補足
(形態/諸手当/昇給所与など)
※初年度想定年収は月給×12か月で計算しています。別途決算賞与(業績による)あり
月給26万円~38万円 (固定残業30時間含む)※固定残業代は残業がない場合も支給し、超過分は別途支給する
※資格手当、業務手当、役職手当支給。交通費規定支給
※昇給年1回
教育体制 ・年次にて昇格する職位×等級による基本給と
資格・役職に応じた手当を組み合わせた報酬体系
▼研修の内容
? 「発達支援療育士の手引き」に基づく研修
- 発達障害の基礎的理解
- 療育の考え方
- 個別支援計画の立案について
- 子どもへの支援策、支援方法について
? 認知行動療法に関する研修
? ケースカンファレンス
各種保険/福利厚生 健康保険・厚生年金・雇用保険・労働災害補償保険(労災)
資格取得支援制度
制服貸与
休日休暇 完全週休2日制(シフト希望考慮)
・年末年始休暇
・慶弔休暇
・産前・産後休暇
・育児休暇
・介護休暇
・リフレッシュ休暇(3日間)
・有給休暇10日~20日
勤務時間/平均残業時間 9:00~18:0
転勤の有無 転勤なし
職場環境(服装・男女比・配属先平均年齢・離職率・マイカー通勤) ・平均年齢は30歳・男女比は6:4で女性が多くなっております。
・施設長1名に対して7名程の支援員が在籍しています。
・お子さまの変化や成長を日々共有していますが、休憩時間でも子どもたちの話題が出るくらい、みんな子どもたちへの愛が溢れています!
・受動喫煙体制:敷地内全面禁煙
選考プロセス(面接地/期間) ※面接2回
・一次WEB面接
・二次面接で下記を同日にて実施
 1、事業所見学:スタジオそら原宿にて行います。2、適性検査 3、面接
その他募集における特記事項 ※正社員(入社6ヶ月は有期契約社員)
※必須書類:履歴書(顔写真必須)・職務経歴書

ご相談・お問い合わせ・
ご登録はコチラから

 

運営会社

Human Bridge

株式会社ヒューマンブリッジ
03-6264-4356
http://www.human-b.co.jp/